ワキガと酒の関係

お酒はワキガに悪い!けど、良い効果もあるってホント?

お酒はワキガに悪い!けど、良い効果もあるってホント?

 

お酒を飲むと汗が出やすくなるため、
ワキガ臭がニオイやすくなると言われています。

 

しかし、実は飲みすぎなければ、
ワキガ対策として良い効果も期待できるのを、ご存知でしょうか?

 

そこで今回は、その理由について解説したいと思います。

 

 

なぜお酒がワキガ対策に効果が期待できるのか?

 

ストレスの発散

 

ストレスはワキガの大敵です。

 

ストレスを溜め込むと、体のあらゆる部分に不調をきたすため、
ワキガ臭が強くなってしまうと言われています。

 

 

例えば、ストレスが原因によって、
皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

分泌された皮脂が肌に残っていると、
それが汗と混じって分解し、ニオイの原因となります。

 

そして、それが脇で起こってしまえば、
ワキガ臭と混じって、さらに強い臭いとなってしまうわけです。

 

 

しかし、僕たち社会人にとっては、
お酒を飲む事はストレス発散にもなりますよね?

 

 

ですから、いくらお酒がワキガ臭を強くするとは言っても、
禁酒までしてストレスを抱え込むのは、逆効果と考えられるのです。

 

まぁ個人的には、お酒を飲む行為そのものよりも、
皆でお酒を飲んで、その場の雰囲気を楽しむ事が
ストレス発散に繋がると思っていますけどね。

 

ですので、もちろん飲み過ぎはよくありませんが、
ストレスを抱え込まない程度の適量であれば、
我慢するよりは、飲んだほうが良いと思いますよ!

 

 

赤ワインに含まれるポリフェノール

 

また、お酒の中でも赤ワインに含まれているポリフェノールは、
その成分そのものが体臭対策に効果があるとも言われています。

 

ポリフェノールには抗酸化作用がありますので、
体臭の原因となる皮脂の酸化を防ぐ効果が期待できるわけです。

 

ですから、ワキガの原因となるアポクリン腺から出た汗が、
それと混じって強いニオイを発生するのも、
抑えてくれる効果か期待できるというわけです。

 

 

ただし、かと言って飲めない方が、
わざわざ無理して赤ワインを飲む必要はありませんよ。

 

実際僕はワインが苦手で、飲むと悪酔いしてしまうので、
気持ち的には余計に臭くなってしまいそうです^^;

 

まぁいずれにしても、普通のお酒でも赤ワインでも、
飲み過ぎないようにすれば、わざわざワキガ臭を気にしてまで、
我慢する必要はないだろうと思います。

 

 

また、それでも不安な方は、やはり飲み会などに参加する前に、
ボディークリームなどを塗って参加するのが良いでしょう。

 

最近僕はいつもクリアネオを塗ってから飲み会に参加していますが、
ニオイが気にならなくなった分、以前よりも楽しんで参加できるようになりましたよ!

 

⇒ ワキガ臭を気にせずに飲み会を楽しむならこちら