足臭いとワキガの関係

「足臭い=ワキガ」は間違い!その理由とは?

「足臭い=ワキガ」は間違い!その理由とは?

 

足が臭いと「ひょっとして自分はワキガなのかな?」
なんて思ってしまうこともありますよね?

 

実は僕も以前はそれを勘違いしていました。

 

 

しかし、足が臭くなってしまう原因と、ワキガの原因は異なりますので、
足が臭いからと言ってワキガとは限りません。

 

そこで今回は、その原因の違いについて解説したいと思います。

 

 

ワキガと足の臭いの原因の違い

 

ワキガの原因

 

ワキガは、アポクリン腺から出た汗に脂質などが含まれており、
雑菌と交わって分解されることで、ニオイを発生させています。

 

そして、このアポクリン腺があるのは体の一部で、
主に脇・耳・胸・陰部などになっています。

 

ですから、足にはアポクリン腺がないということなのです。

 

 

足の臭いの原因

 

このように、ワキガの原因は汗が原因ですが、
足の臭いの原因も、実は汗です。

 

しかし、ワキガの原因となるアポクリン腺とは違って、
足の臭いの原因となる汗はエクリン腺という
人間の身体の全身にある汗腺からの汗になります。

 

 

そして、このエクリン腺から出る汗は99%が水分ですが、
これも雑菌と混じることでニオイを発生させてしまいますが、
足には蒸れやすくて、ニオイがこもりやすいという特徴があります。

 

さらに、足は古い角質が溜まりやすいので、
その角質を餌にして、雑菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

 

こういった臭くなりやすい環境が足に整っていることで、
足ではイソ吉草酸という成分が発生し、独特のニオイを醸し出しているわけです。

 

 

つまり、ワキガと足の臭いは、どちらも汗と雑菌が原因ではありますが、
汗の質自体が異なるというわけですね。

 

ですから、足が臭いからと言って、必ずしもワキガだとは限らないわけです。

 

 

ただし、どちらも原因が汗と雑菌という事で、
ニオイを抑えるには、殺菌制汗が効果的です。

 

僕が愛用しているクリアネオも、
ワキガだけではなく、足の臭いにも効果が期待できる
ボディークリームになっていますよ。

 

⇒ 足の臭いにも使えるクリアネオはこちら