足を洗っても臭い

お風呂上りなのに臭い俺の足…洗っても臭いのはなんで?

足を洗っても臭い

 

足のニオイって、洗っても洗っても落ちにくいですよね?

 

僕も以前は、お風呂から上がったばかりなのに臭い自分の足が謎でした。

 

そこで今回は、足を洗っても臭い理由について解説したいと思います。

 

 

足を洗っても臭い理由

 

足の角質は分厚い

 

足の角質って、かなり分厚いですよね?

 

特にかかとの部分はビックリするくらい分厚くなっています。

 

 

この分厚い角質の原因は古い角質で、
これが剥がれ落ちると、となります。

 

そして、この垢を餌にして足に潜んでいる雑菌が繁殖して分解し、
ニオイの成分を発生させています。

 

 

ちなみに、これはイソ吉草酸と呼ばれる成分で、
悪臭防止法にも指定されているほど、強烈な悪臭物質なのです。

 

ですから、臭い足のニオイは、
ちょっとやそっと洗った程度ではなかなか落ちてくれないのです。

 

 

足は汗をかきやすい

 

改めて言うまでもないかもしれませんが、
足は非常に汗をかきやすい部分です。

 

特に靴を履いていると、非常に蒸れやすいですよね?

 

そして、足が蒸れてしまうと、
古い角質が剥がれやすくなってしまいます。

 

すると、先にもお伝えしたように、
雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまいます。

 

 

つまり「角質(垢)+ 雑菌 + 汗」
この3つの条件が揃っている僕たちの足は、
臭くなりやすいのも当然なんですよね...

 

 

足の臭いにオススメの対策方法は?

 

足を丁寧に洗う

 

足の臭いを防ぐには、まずは丁寧に洗う事です。

 

洗っても臭いからと言って、諦めてはいけませんよ(笑)

 

足を丁寧に洗う事で、雑菌が繁殖する原因の垢を
なるべく溜めない努力が必要になります。

 

 

ただし、かと言って下手に軽石でこすったりするのはオススメできません。

 

軽石でこすったり、固いナイロン製のタオルで、
ゴシゴシ洗ってしまうと、肌に傷がついてしまい、
その傷を修復しようとして、余計に角質が分厚くなってしまいます。

 

 

ですので、足を洗う時は、とにかく丁寧に洗う事。

 

しっかりとボディーソープを泡立てて、
足の指の1本1本まで、手抜きをすることなく洗って下さい。

 

足は一番遠い場所であるため、
意外に洗い方が雑な方も多いと思いますので、
ぜひ今日から丁寧に洗う事を心掛けてくださいね。

 

 

殺菌と制汗

 

足を丁寧に洗うのは、足の角質(垢)対策です。

 

そして、足の雑菌には殺菌、汗には制汗対策が必要になります。

 

 

そこで僕が使っているのが、ボディークリームのクリアネオです。

 

クリアネオはワキガ対策用のクリームですが、
殺菌と制汗作用に期待ができるので、足の臭い対策にも使えるんですよね。

 

ですから、僕はクリアネオ一本で、
ワキガと足のニオイの両方の対策ができています。

 

 

クリアネオには返金保証も付いていますので、
以前の僕のように、足を洗っても臭いが気になるのであれば、
一度試してみる価値はあると思いますよ。

 

⇒ クリアネオの公式サイトはこちら