足が蒸れる原因と対策

10分で湿度100%てマジ?足が蒸れる原因と対策について

足が蒸れる原因と対策について

 

立ち仕事をしていると、毎日足が蒸れて困ってしまいますよね?

 

僕も、以前は営業で一日中外を歩き回ったり、
今もお店の中での立ち仕事なので、足の蒸れには、常に悩まされてきました。

 

 

しかし、一日中靴を履いている限りは、
足が蒸れやすいのは、ある意味仕方がありません。

 

靴を履いてからたったの10分で、
靴の中の湿度は100%になるとも言われています。

 

ですから僕らにできるのは、
なるべく足が蒸れない環境を整えて対策をすることなのです。

 

 

足が蒸れやすい原因と対策

 

化学繊維の靴下

 

「4足で大特価!なんと1000円!」
なんて靴下を履いてはいませんか?

 

僕らにとっては、すごくありがたい企業努力ですが、
大抵安売りされている靴下は化学繊維で作られています。

 

そして、化学繊維の何がダメかと言うと、
汗を吸収しづらいというデメリットがあるんです。

 

 

つまり、化学繊維の靴下が、足の蒸れを加速し、
その逃げ場を塞いでしまっているという事ですね。

 

ですから、足の蒸れが気になる方は、
化学繊維の靴下よりも、なるべく綿などの物を選んでみて下さい。

 

履いていてもあまり違いは分からないかもしれませんが、
一日履いた後に脱いだ瞬間、僕はその違いに気が付くことができましたよ。

 

 

合皮の靴

 

そして、僕らの足の蒸れを加速させているもう一つの原因が、合皮の靴です。

 

これも化学繊維で作られた靴下と一緒で、
蒸れを促進し、逃げ場を塞いでいます。

 

なので、靴は合皮よりも本革がオススメです。

 

 

また、可能であれば、靴は2足以上用意して、
毎日交互に履くようにして下さい。

 

毎日同じ靴を履き続けていると、
靴の中が乾いていないうちにまた履いており、
いわば生乾き状態のシャツを毎日着ているようなものなのです。

 

これでは蒸れやすくなって、臭くなってしまうのも当然ですよね。

 

 

さらに厄介な事に、足のニオイは、
ちょっとやそっと洗っただけでは落ちにくいものなのです。

 

ですので、足が蒸れやすいだけでなく、
足を洗っても臭いという方は、こちらも合わせてチェックしてみて下さいね。

 

⇒ お風呂上りなのに臭い俺の足…洗っても臭いのはなんで?