冬の脇汗

夏よりも冬の脇汗が気になるのはどうして?

夏よりも冬の脇汗が気になるのはどうして?

 

汗をかくのは夏のイメージがありますが、
実は冬のほうが脇汗が気になってしまいますよね?

 

僕も特に忘年会シーズンになると、
夏よりも冬の脇汗が気になってしまうことが多々あります。

 

しかし、夏よりも冬のほうが脇汗が気になるのは、
ごくごく自然な事であって、何も異常はありません。

 

今回はその理由について、解説させて頂きます。

 

 

夏よりも冬の脇汗が気になる理由

 

冬特有の環境の変化

 

夏であれば、外が暑くて、室内は涼しくなっています。

 

でも、外にいる時は脇汗が出ているのが気になっても、
室内に入った時に「脇汗が引いてきた」なんて、あまり思わないですよね?

 

 

しかし、冬はこれと逆で、外は寒く室内は温かいです。

 

すると、外にいる時は気にならなくても、
室内に入った途端、温かさと同時に出てくる汗がどうしても気になってしまいます。

 

ですので、この冬と夏の環境の変化の違いで、
僕たちはどうしても冬の脇汗が気になってしまうのです。

 

 

実は冬のほうが汗をかきやすい?

 

また、実は僕たちの身体の仕組みとして、
夏よりも冬のほうが基礎代謝が上がるというのがあります。

 

なぜなら、寒い所にいると、人間の身体は体温を上げようとして、
非常に多くのエネルギーを消費するからです。

 

そして、代謝が上がると、その分汗もかきやすくなります。

 

ですから、脇汗自体も、実は気になっているだけでなく、
実際夏よりも出やすい環境になっているのです。

 

 

着ている洋服

 

当然冬は寒いので、誰でも夏よりも厚着をしますよね?

 

そして、その厚着をしているがために、汗が蒸発しずらく蒸れやすくなって、
脇にも汗が留まりやすくなってしまいます。

 

特に最近は、防寒性の高い洋服が非常に増えてきていますから、
その分蒸れやすくなってしまうのも、仕方がないことなのです。

 

 

まとめ

 

夏よりも冬のほうが脇汗が気になってしまうのには、
このように3つの理由があります。

 

・環境の変化によって気になりやすくなる

 

・基礎代謝が上がって、汗をかきやすい環境になっている

 

・厚着をするために、蒸れやすくなっている

 

 

なので、冬の脇汗やニオイを抑えるには、
あまり気密性の高い洋服ばかりでなく、冬だからこそ、
通気性の良い洋服を選ぶのも対策として必要なのかもしれませんね。

 

それと同時に、やはり冬にも汗の発生を抑える制汗と、
雑菌の繁殖を抑える殺菌作用のあるグッズを活用して、
ニオイ対策を行ったほうが良いと思いますよ!

 

⇒ 制汗と殺菌作用のあるクリアネオはコチラ